2016/10/05

Windows Update MiniToolでの新項目、「ドライバを含む(include drivers)」の説明

ちょっとわかりにくいかもと思ったので多少補足。7月30日版に追加された項目なのでいまさらですが。

MDLのWindows Update MiniToolのスレを見ると、[include drivers]の項目についてこんな説明が書かれています。(ソース自体は英語)

チェック: ExcludeWUDriversInQualityUpdate = 0 > このポリシーは無効化(ドライバは含まれる)
未チェック:ExcludeWUDriversInQualityUpdate = 1 > このポリシーは有効化(ドライバは含まれない)
灰色(四角):該当するレジストリキーを削除(グループポリシーで設定しない)>このポリシーは存在しない

ExcludeWUDriversInQualityUpdateの詳細についてはWindowsスマートチューニング第390回を御覧ください。簡単にまとめると、チェックを外した(未チェック)の場合はWindows Updateからドライバーを除外するグループポリシーを加えるレジストリキーを追加するということです。おそらく再起動しないとこの設定は有効化されません。

Windows Updateから自動的にドライバを入れたくない方はチェックを外して再起動してからお使い下さい。よくわからない方や特に必要性を感じない方は四角マーク(■←これ)でいいかと思います。

この設定にかかわらず、周辺機器などのドライバは表示されることがあるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿