2015/10/23

ぷららメールのIMAPでメールソフトQmail3使用時送信できないときの対処法

ぷららのメールでIMAPを使用するときはいくつか設定が必要です。

おおまかにはぷららのページに書いてありますが、フリーのメールソフトQmail3でIMAPを使うと受信はできるのに、送信ができないトラブルに遭うことがあります。それの対策をメモ。

まずはぷららのメール設定・マニュアルを読み、その通りに設定します。まずWebメールでログインし、IMAPを有効化します。次にQmail3の設定をします。特に特殊な設定はなく、SMTPの認証のチェックだけ忘れないようにします。
qmail3imapsmtp1

設定が終わるとフォルダの更新をしますか?と聞かれるので更新します。ちゃんと設定できていればフォルダの更新と受信ができていると思います。

このまま送信のほうもテストしようとすると、設定はちゃんとできてるのに送信に失敗することがあります。なぜかというとぷららの場合、草稿箱と送信控え箱のフォルダはそれぞれデフォルトで存在するのですが、送信箱フォルダがありません。自分で作らないといけません。IMAP有効時に送信箱フォルダがない場合は送信に失敗するようです。

なのでDrafts(草稿箱)フォルダのプロパティをクリックし、以下のように設定します。
qmail3imapsmtp

上記のように設定すれば送信可能になります。これ以外にも独自に送信箱フォルダをつくってプロパティにあるタイプ項目の送信箱をチェックしておくのもいいかと思います。

また送信の設定は私の環境だけかもしれませんが、SSL(ポート番号465)だとうまくいかずSTARTTLS(587)だとうまくいきます。送信できないときは試してみるのもいいかもしれません。

個人的にメールはIMAPで使うことが多く、IMAPの挙動が安定しているQmail3は非常に気に入っています。最近更新がないのがちょっと残念ですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿